債務整理後のキャッシング

借金にどうしようもなくなった時に取る最後の手段、それが債務整理です。自己破産や任意整理などいくつかの方法がありますが、共通しているのは多かれ少なかれキャッシングに対して影響を与えるということです。そのため、キャッシングに関しては債務整理はデメリット以外の何物でもないのです。それだけのリスクがあることを、覚えておきましょう。

 

債務整理をした記録は、キャッシング業者が必ずチェックをします。審査の際に信用機関に情報を探るため、その際に過去のキャッシング履歴などを含めてチェックされるのです。これを避けることはできませんし、大人しくその審査を受けるしかありません。

 

しかし、これから先一生影響するわけではありません。債務整理の方法にもよりますが、5年から10年すると信用機関から情報が消去されるため、キャッシングを借りられるようになるかもしれません。また、債務整理をしてしばらくの間も、業者によっては10万借りる程度であれば審査に通る可能性もあるでしょう。

 

審査に通る可能性がなくなったわけではありませんが、限りなくその状況に近づいてしまうことを認識しましょう。債務整理は今の状況をリセットする意味では効果的ですが、キャッシングにおいてはデメリットが目立つのです。

 

それでもキャッシングを利用したい場合

仮に債務整理をしたとしても、それでもキャッシングを利用したくなることはあると思います。むしろお金に困っているであろうこの時期だからこそ、キャッシングの力を借りたくなる気持ちはあるでしょう。そんな時には、諦めずにキャッシングを探し求めることも効果的です。

 

ここで気を付けたいのは、慌てて数社に申し込もうとしないことです。キャッシングでは、何社も申し込む人は信頼ができないとして嫌われます。例え審査に通る可能性が低いとしても、慌てずに自分が通りそうなキャッシング業者を見定めることがポイントなのです。

 

とは言っても、現状高確率で審査には通りません。ではどうするのかというと、債務整理中でも可能という広告のあるキャッシングを選べばよいのです。あまり数は多くありませんが、それでも確実に存在しています。ただし、怪しいキャッシングには決して手を出さないよう、最も安心のできそうなキャッシングを中心に探していきましょう。

 

債務整理中のキャッシングは厳しいものになることは確実ですが、どうにかして利用することも一応可能です。まずは自分でも通りそうなキャッシング業者を見つけて、慌てずに一社決め複数のキャッシング業者に申し込まないようにしましょう。